筋骨に効果があるアサヒのグルコサミン|サプリや食品で健康促進

夏こそ対策の時期

マグカップを持つ手

夏の冷え

冷え症は女性だけでなく、男性でも悩む方が増えてきています。冷え性の原因は筋力に低下あるいは、血の巡りが悪くなることが多いです。筋力の低下は車やエレベーターなどを頻度に使っている方で起こりやすいです。自転車での買い物や、できるだけ歩くことで必要な筋肉の低下を防ぐことができます。たまにはスポーツをすると普段使わない筋肉が刺激され、冷え症によるのぼせ予防になることもあります。血のめぐりは筋肉を鍛えることである程度改善されます。特にふくらはぎの筋肉はポンプとしての役割を示すため、冷え症によるむくみなどの解消につながります。他にも温かい食べ物や、高麗ニンジンやショウガなどの成分が含まれていると体を温める効果があります。

夏の原因

夏に冷え症が起こる原因は様々あります。冷房の効きすぎ、冷たいものの食べ過ぎ、運動不足などが有名です。職場では冷房の温度調節は難しいため、ブランケットなどを使うと少しは改善されます。夏に冷え症になっていると冬まで続く可能性が高いため、できるだけ夏の間に対策しておくことが冬の予防へとつながります。夏でも湯船にゆっくり浸かり、血のめぐりを整えたり入浴後すぐに冷房の部屋で汗を冷ますと体温調節機能が異常をきたすため、少しの間は扇風機などを使いある程度汗が止まるまでじっとしておくと冷え症予防になります。夏野菜は体を冷やす効果があると言われていますが、不要な水分を排泄する作用もあるためむくみなどの予防にもなります。